注文住宅で建てるマイホームについて

注文住宅の種類について

マイホームを建てるための注文住宅にも、幾つかの種類があります。コストを抑えて低予算で建設できるのが、ハウスメーカーが提供するローコスト住宅です。これは、ハウスメーカーが独自で開発する建材を使用することで、建設費用を大きく削減するものとなります。次に地元の工務店が建てるオーダーメイドによる注文住宅があります。宣伝広告にお金をかけていない分、費用も抑えて建設しています。最もこだわりを持って建てるのが設計事務所での建設です。

それぞれの利点について

ハウスメーカーが建てるローコスト住宅は、とにかく安い費用でマイホームを手に入れられるのがメリットです。建材や工法が規格化されているので、工期が短いのも利点です。ただし、狭小地など特殊な形の土地には適応しないので注意が必要です。そのような土地では、工務店による設計で対応できます。デザインもそれぞれに工夫したものを用意しています。宣伝活動をしていないので、近場で評判の工務店を探すのには苦労することもあります。

こだわりのマイホームを建てるコツ

注文住宅にも予算に応じて幾つかのタイプが選べますが、マイホームとしての満足度を高めるためには基本的な性能がしっかりしていることが必要です。また、メンテナンスに費用や手間がかからないものとすることも大切です。いくら安く建設することができても、住んでからのランニングコストがかかるようでは負担がかかるからです。その点に関しては予算をしっかり確保しておくことが重要となります。その上で間取りなどにこだわることがポイントです。

注文住宅とは間取りやインテリアなどを家主の好みや要望に合わせて施工した住宅のことです。これとは反対にすでに家の間取りなどが決まって販売されているものを建売住宅と言います。